自己嫌悪

定年後の生き方

定年後は風に吹かれて

こんにちは、 よしおです。 中学生の時、10歳年上の叔父が一冊の本をくれました。 それは五木寛之の「青年は荒野をめざす」。 すぐには読まなかったけど、高校生になってから読みました。 その本が面白くあっという間に読んでしまい...
タイトルとURLをコピーしました