60代 僕の健康法

こんにちは、
よしおです。

僕は、現在63歳。

特に具合が悪いところもなく、日々元気に暮らしています。
もちろん、それなりの衰えはあります。

また、健康診断では、高血圧という数値が出ました。

こちらは、多分測り方に問題があったようだし、その後、血圧計を購入し、毎日測るようにしています。

それに加え、エーザイの血圧を穏やかにするサプリメント「ヘルケア」をここ3ヵ月ほど毎日服用しています。

その効果は、今朝は上で128、下で89でした。

今日は、63歳の僕が行っている健康法について書きます。

スポンサーリンク

60代 もっとも大切にしたいこと

老後の三大不安は「お金」「健康」「孤独」が挙げられます。

もっとも、この3つは老後でなくても大事なことで、各年代にとっても不安材料でもあります。

それでも挙げられるのは、老後では、より深刻だからでしょう。

僕は、現在63歳なので、若くはないけど、老後ではないという立場です。

そして、少しずつ老いて、その内、老後つまり年をとって老いたのちになるのです。

具体的な年齢は人それぞれでしょうが、僕自身は70代後半からというイメージを持っています。

さて、60代でもっとも大切にしたいことは、健康が一番大事かなと思います。健康であるなら少しは働けるし、趣味仲間との活動も出来ます。

でも、健康を害すると、収入は年金だけになり、家族以外とは話さなくなるでしょう。

だから僕は、定年後60歳を過ぎてもっとも大切にしていることは、健康の維持です。

もっとも、生き物である以上、年と共に衰えていきます。上向くことはないのでせいぜい維持が精いっぱいです。

ちょうど恋人との楽しい時間がずっと続けばいい、幼い子供たちとの楽しい時間がずっと続けばいい、と思っても、恋人とはいつか切ない別れがやってくるし、子供たちは成長して親から離れていきます。

だから、63歳で、健康で、日々の暮らしも楽しくやっていると言っても、これがずっと続くという保証はありません。

スポンサーリンク

60代 僕の健康法

そのためこの時間が少しでも長続きするように健康には気を付けるようにしています。
僕は、長生きのために好きなことを我慢することはおかしいと思っています。例え、節制して1年、2年の長生きしたとしても、好きなものも食べないで我慢するのは悲しいです。

もちろんだからと言って暴飲暴食するのは論外ですが。

これはあくまで程度の問題で、60歳を過ぎてまでストイックに生きることはないです。

そこで、僕の健康法を以下に書きます。

・働くこと
・歩くこと
・毎日の体温と血圧チェック

まず、働くことは、僕の本業は、個人事業主としてのアフィリエイターです。

座ってのPC作業が主です。

だからアルバイトは、身体を使う仕事をやっています。家具の量販店で家具の販売をしています。

店舗は広いので、よく歩きます。また家具の組み立てもやるので、身体の柔軟性も必要になります。普段取らない体制を取ったりするので、これっていいかも、と思ってやっています。

 

歩くことは、一日6000歩以上を日課としています。だからアルバイトに行く日には、一駅先まで歩いて地下鉄に乗ります。ただ歩くだけだとつまらないのでラジオを聴きながら歩いています。

アルバイトが休みの日は、PCを持って歩いて25分ほどの図書館に行って作業をします。

ちなみに妻の父は、昨年83歳で亡くなりましたが、なにか重篤な病気で亡くなったわけではなく、足が弱り、歩けなくなって寝たきりになったのです。

そんな義父のことを妻は、歩いて5分の場所へも車で行くような人だったから、歩かなかったことが寝たきりを早めたと思う、と語っていました。

毎日の体温チェックは、新型コロナ禍になった昨年3月初旬からほぼ毎朝行っています。それまで体温を測るという習慣は全くなく、大人になってから多分数えるほどしかなかったと思います。ところが、アルバイト先に報告しなければならないのと、測り出すと日々の体温の動きが面白くて毎日測るようになりました。ほぼ平熱なのですが、その上下の差が1℃未満で動いているのが面白いです。
また血圧は、10月にアルバイト先の健康診断があり、そこで高血圧と指摘されたので、その後血圧計を買い、血圧を下げるサプリメントを毎日飲むようになり、現在は上で130前後、下で85前後と安定してきました。

スポンサーリンク

最後に

 

元気に長生きが一番いいですが、こればっかしは結果でしかありません。僕は好きなこと、興味が湧くことを続けていたら、気が付いたらあの世に来ていたなんてのが一番だと思っています。

でも、年齢を重ねて少しずつ衰えいて行くということは、例えば30歳からいきなり60歳にワープするわけではないので、30歳の時思っていた60歳と実際に60歳になっての印象は大きな違いがあるように思います。
つまり60歳になった感じたことは、30代の時思っていたよりずっと元気だということです。
これなら70歳になった時も、おや、俺って意外と元気じゃん?なんて思っているかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました